北本整形外科-医療法人社団天徳会

診療時間9:00~12:30 / 15:00~19:00(但し日曜は9:00~12;00)祭日、夏季・冬季休暇、日曜午後休診。整形外科・皮膚科・リハビリテーション科。お電話は048-591-8871まで。

診療科目

整形外科疾患、外傷(ケガ)‐骨折、捻挫、脱臼筋、腱損傷、神経損傷、骨粗鬆症外来等
腰痛、肩こり、神経障害等の慢性疾患等
スポーツ外傷・障害の外来(小児~高齢者まで)
脊柱側弯の検査・治療、運動器リハビリテーション治療を行っています。病診連携をとっておりますので、MRI検査等、精密検査及び入院治療をご希望の方はご遠慮なくお申し出ください。

整形外科

運動器に生じた様々な疾患、けが等を扱う分野が整形外科です。

運動器とは?

運動器と聞いてもイメージがつかめない方も多いと思いますので、「人間の身体は心が運転する乗り物」としてご説明させていただきます。
乗り物にあたる身体の支えになる部分、車軸、タイヤやボディの部分が運動器に値します。
建物ならば柱や壁の部分です。具体的に身体で言うと柱は、首、肩、腕、手、大腿部から足先まで。
さらに、壁の部分は胸から腹部、背中から腰部いわゆる体幹部を扱う部分です。

心臓を中心とした循環器、内臓を中心とした消化器と同じように、体を動かす運動器の分野です。
一般的な症状としては以下の項目も対象となります。

整形外科診察風景
  • 交通事故のむち打ち
  • 寝違えの首の痛み
  • 五十肩
  • 筋肉痛や手足のしびれ
  • ぎっくり腰
  • 関節痛
  • 肉ばなれ
  • 手足首や指の捻挫など

皮膚科

皮膚科では、次のような症状の診療を行っておりますので、お気軽にご相談ください。

皮膚科診察風景
  • にきび
  • アトピー性皮膚炎
  • 水虫(爪白癬、足白癬)
  • 虫さされ
  • いぼ(尋常性ゆうぜい)
  • 皮膚のおでき
  • 小児とびひ
  • 陥入爪(巻き爪)
  • 瘢痕

自費診療として

  • 男性型脱毛症(AGA)
  • プラセンタ療法(美白・そばかす・シミ・クスミ・肌荒れ・皮膚の老化防止)

運動器リハビリテーション科

主に運動器疾患を扱う整形外科では、運動器リハビリテーションは非常に重要です。
手術が成功しても術後のリハビリを適切に行わないと術後の回復は半減する事があります。
そのため、北本整形外科では運動器リハビリテーション及びアスレチックリハビリテーションを重要な治療として行なっています。

高齢社会を迎えた近年は、健康で元気に毎日を過ごすことの出来る「健康寿命」を延ばすことが必要であることから、高齢者の運動器疾患に対するリハビリテーションの重要性が社会的にも認識されています。

当院では温熱・電気治療などの物理療法のみだけではなく、運動器リハビリテーションや自宅でできるリハビリ及び運動指導を行なうことによって高齢者の心身機能回復の向上に努めています。
スポーツ外傷後のリハビリも経験豊富なスタッフにより安心して行なっています。


スマートフォン | パソコン

(c) KITAMOTO Orthopedics department Clinic All Rights Reserved.